ひとりの時間の大事さを知りました。

この記事は1分で読めます

贅沢だとは思うのですが、一日21時間もヘルパーさんと一緒に365日いると、どれが本当の自分なのかが分からなくなってしまいます。

年代によって人によって話し方や説明の仕方も変わります。

あるヘルパーさんからどれが本当の大野さんなのか分からないと言われ、答えに困り全部私だと答えるしかありませんでした。

重度訪問介護3年程前から待機が認められなくて、ひとりの時間がなくなりました。

たまにはひとりでウィンドウショッピングを楽しんだり、映画を観たり、ぼーっとしてることも大事です。

数日前、思い切ってひとりで池袋に行ってみました。不安な気持ちはありましたが、解放感でいっぱいでした。

気に入った使いやすいカバンを買いたくて、メーカーが分からず何年もハシゴしましたが、とうとう見つからず時間になりましたが、ちょっとした時間でもひとりになることは大事なんだと思います。

でも、喉が渇いても自動販売機で買うことはできますが、開けて飲むことはできません。

どこかのお店でカップに入った飲み物を買おうとはしたのですが、カウンターが高く車いすでは飲むことはできませんでした。

やはりひとりでは無理なのだと思います。

歩歩のヘルパーさんに伝えていきたいのは、少し距離をとりながら干渉せず、手を貸して欲しい時にすぐにヘルプできる体制をとることです。

言葉で言うと簡単ですが、なかなか出来ることではありません。

高齢者介護、障害者介護に問わず共通して言えるのではないでしょうか。

そして、見守りが認められていない重度訪問に少し疑問を感じる私でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2020 05.03

    YouTubeデビュー

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

╲(・x・。U代表のブログU。・x・)/

MAP

株式会社歩歩(ぽっぽ)

【事務所所在地】

〒170-0013

東京都豊島区東池袋3-1-4

メゾンサンシャイン1219号室

電話 03-6912-8562

FAX 03-4243-2654

E-MAIL jigyoushopoppo@yahoo.co.jp