信じられません。

この記事は1分で読めます

こんな可愛い、ワンちゃんが突然腎不全で皮下点滴を一日二回受け、流動食を食べるようになるとは思ってもみませんでした。

15歳なのである意味どこかが悪くなり弱ってしまうのは想像がつきましたが、1ヶ月前に突然フードを食べなくなり調べたところ腎不全と告知されてしまいました。

どうにか、元気になってほしくて流動食をシリンジで食べさせたりしていますが見方を変えて考えてみると、自然界であればこの子はとっくに死に至っていると思います。

ペットの場合、どこまでを行うかは飼い主の財力にも大きく関わっていると思います。現に診察料を未払いしていたら、最低限のことしか出来ませんと言われてしまい、動物保護とはなにかと思ってしまいました。

動物病院も利益がなければ獣医師も雇えません。お給料も出せません。

それは十分理解できますが、言葉の選び方を間違えるとお互いに気まずくなるのではないか、と思っています。

この子の命をどこまで守ったら良いのでしょうか。

みなさんはどのように考えられるでしょうか。

コメント宜しくお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2020 11.18

    色々あります

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

╲(・x・。U代表のブログU。・x・)/

MAP

株式会社歩歩(ぽっぽ)

【事務所所在地】

〒170-0013

東京都豊島区東池袋3-1-4

メゾンサンシャイン1219号室

電話 03-6912-8562

FAX 03-4243-2654

E-MAIL jigyoushopoppo@yahoo.co.jp